ニュース

【注目ニュースまとめ】2020年6月のPS Plusフリープレイは「STAR WARS バトルフロントII」など|INDIE Live Expoで「UNDERTALE」「東方Project」楽曲によるライブ決定|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

6月のフリープレイで「STAR WARS バトルフロントII」「Kingdom: New Lands」が配信


Playstation Plus加入者サービスであるフリープレイの6月配信タイトルが発表され、「STAR WARS バトルフロントII」「Kingdom: New Lands」の2本と判明しました。
期間は2020年6月2日~7月6日です。

加えて、「コール オブ デューティ ワールドウォーII」が100円の特別価格で販売されます。

「STAR WARS バトルフロントII」は初期の評価はひどかったですが、アプデを重ね行くうちに評価が上がっていったようです。2月には最終アップデートが行われていて、キャラクターやマップの追加がされています。

これを機に遊ぶ人が増えるでしょうね。
すでに持ってる人も、マッチングが良くなるのでまた楽しめそうです。

「Kingdom: New Lands」は横スクロール型のタワーディフェンスといえるゲームでしょうか。インディーズゲームとして高い評価を受けたタイトルで、難度は高めとのこと。

「INDIE Live Expo2020」で「UNDERTALE」「東方Project」楽曲によるライブパフォーマンスが決定


6月6日に開催される「INDIE Live Expo2020」が追加情報を発表し、「UNDERTALE」「東方Project」の楽曲によるスペシャルライブパフォーマンスが行われることを明かしました。

パフォーマーは、ゲーム音楽などの演奏をYouTubeで配信しているダイナ四バンドのドラマー・ダイナ四になります。
ZUN氏とトビー・フォックス氏がイベントに出演することから、ライブの実施が決まったそうです。

どちらも非常に音楽が魅力的なゲームなので、ぜひともイベントを盛り上げていただきたいですね。楽しみです。

スクウェア・エニックスが「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を設立、AIの研究開発が目的


スクウェア・エニックス・ホールディングスは、これまで培ったAIノウハウをより幅広くエンタテイメント事業への活用を図るため、「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を新しく設立しました。

主な事業は、AI技術・CG技術・アートを組み合わせた製品の研究開発・事業推進とのことです。

前回記事でもAI関連のニュースを取り上げましたが、スクエア・エニックスもこの分野への取り組みを強化していきたいようですね。
既に会社を設立していたバンダイは、一歩リードしていたといえるでしょうか。

ソニーが商品化した、世界初のAIを実装した画像センサーも話題となりましたが、ますますAI技術の重要性は増していってますね。
映像分野は特に活用の幅が広い分野なので、期待していきましょう。