ニュース

【注目ニュースまとめ】2020年9月のPS Plusフリープレイは「PUBG」「ストリートファイターV」|ニンダイミニ第2弾、「KHMoM」「ぷよテト2」など新情報発表|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

9月のPS Plusフリープレイは「PUBG」「ストリートファイターV」と豪華ラインナップ


9月のPS Plusのフリープレイ対象タイトルが「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」「ストリートファイターV」と発表されました。

提供期間は、2020年9月1日~2020年10月5日となっています。

フリープレイに来ると思えなかったタイトルたちで、びっくりしました

「PUBG」は、韓国のKRAFTONが開発した世界でバトロワブームのきっかけを作ったといえる傑作STG。
最大100人のプレイヤーが広大なエリアを探索しながら時に戦い、時に隠れたりして、最後の一人となるまで戦い「ドン勝つ」を目指します。

現在もプロリーグが盛況で、長く楽しまれているゲームです。

「ストリートファイターV」は、カプコンの定番格闘ゲームシリーズ最新作。
「Vスキル」「Vリバーサル」「Vトリガー」といった新要素が追加されたことが特徴になります。

アップデートが精力的に繰り返されていて、ファイナルシーズンとなるシーズンVの制作が決定した「チャンピオンエディション」が販売中です。

シーズンVでは、5人のキャラクターと3つのステージの追加が予定されており、「ダン」「ローズ」「オロ」に加え「私立ジャスティス学園」の「あきら」の参戦が決まっています。

今回は初期16キャラが扱える本編が対象で追加キャラを使用するには、個別にキャラを購入するかアップグレードキットを購入する必要があることに注意しましょう。

ニンテンドーダイレクトミニ第二弾配信、「KHMoM」「ぷよテト2」など新情報発表


2020年8月26日に、サードパーティーのタイトルを中心に情報が発信される「ニンテンドーダイレクトミニ ソフトメーカーラインナップ」が予告なく配信されました。

配信された情報
  • 「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー(KHMoM)」2020年11月11日に発売
  • 「ぷよぷよテトリス2」2020年12月10日に発売
  • 「World of Tanks Blitz」Switch版が発表、動画配信後プレイ可に
  • 「Spiritfarer」Switch版が2020年9月29日に配信
  • 「太鼓の達人 ドコどんRPGパック!」Switchで2020年冬発売
  • 「モンスターファーム2」Switch版が2020年9月17日に発売
  • 「サ・ガ コレクション」Switch版が2020年12月15日に発売
  • 「タケシとヒロシ」Switch版の配信開始
  • 「A Short Hike」Switch版が2020年9月24日に発売
  • 「ダービースタリオン」新作、Switchで発売決定

個人的に気になったのは、「KHMoM」と「Spiritfarer」ですね。

「KHMoM」は、カイリを中心としたオリジナルストーリーがあるようで、キングダムハーツのシナリオを理解するためにも欠かせないゲームになりそうです。

「Spiritfarer」は、アート風なビジュアルと世界観が非常に魅力的でした。
死者の魂を安らかに開放するために、良好な関係を築いていくことを目指すマネジメントゲームです。

AppleがEpic Gamesの開発者アカウント削除、ストアからゲームも消える


先日に初審理を迎え、いくつかの争点について判断が示されたEpicとAppleの争いですが、予告していた通りAppleがEpic Gamesの開発者アカウント削除を行いました。

これに伴い「フォートナイト」を含め、Epic Gamesが開発したゲームがAppleのデバイスで配信できなくなりました。App Storeでは、既にゲームが削除されています。

「Unreal Engine」の開発アカウント停止については一時差し止めとなっていましたが、Epic Gamesの所有する開発アカウントについては対象となっていなかったため、従来通りの対応をしたといえます。

これに対し、Epic Gamesは「PUBG」を薦めるコメントを発表していました。
あくまで法廷で争う姿勢は崩さないようですね。

ユーザーが置いていかれている感じがします

アメリカでPS5の先行予約への案内開始。予約は先着順で価格不明


年末に発売を控えているPS5ですが、SIEはアメリカ国内の発送を条件として、台数限定の先行予約の案内を開始したことが分かりました。

事前登録後、プレイステーションに関する過去の行動履歴や興味を判断材料にして、ユーザーへ招待メールが送信される仕組みとなっているようです。

抽選に当選しても先行予約は先着順に決定するため、予約できない場合もあるとのこと。
情報はPlayStation Networkに紐づけられ、一つのIDで本体一台となります。

販売に向けた情報が日本でも公開されることに期待