ニュース

【注目ニュースまとめ】2021年5月のPS PlusフリープレイはPS4「バトルフィールドⅤ」など|TGS2021、インディーゲームを対象に「選考出展」「SOWN」の応募受付を開始|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

2021年5月のPS PlusフリープレイはPS4「バトルフィールドⅤ」「コーヒートーク」、PS5「Wreckfest(レックフェスト)」


5月のPS Plusのフリープレイ対象タイトルがPS4「バトルフィールドⅤ」「コーヒートーク」、PS5「Wreckfest(レックフェスト)」と発表されました。

提供期間は、2021年5月6日~2021年5月31日となっています。

個人的に「コーヒートーク」が注目。開発のToge Productionsは、「When The Past Was Around」や「A Space For The Unbound」(2021年予定)といった、繊細な心情を描くADVが得意

バトルフィールドⅤ

エレクトロニック・アーツが手掛ける人気FPSシリーズの第13作。シリーズの原点に立ち返ることを掲げて第二次世界大戦をテーマとしたタイトルです。発売後には、チャプター1~6で構成される拡張コンテンツ「タイド・オブ・ウォー」が配信されました。

2021年後半に向けてシリーズ最新作が開発されていることが明かされています。

コーヒートーク

インドネシアのインディースタジオ・Toge Productionsによる、多種多様な種族が暮らす世界にある一軒のカフェで、コーヒーを提供しつつ訪れる人々の話を楽しむADV。

落ち着いた雰囲気のピクセルアートとサウンドが非常にマッチした、人々との交流による温かさを感じれるゲームです。

Wreckfest(レックフェスト)

THQ Nordicが手掛ける、衝突やクラッシュによる破壊表現が特徴のレースゲームのPS5版。

廃車のパーツをつなぎ合わせて、ツギハギになった車も作成可能。ライバルの車体にぶつけて破壊し、レースの頂点を目指しましょう。

TGS2021、インディーゲームを対象に「選考出展」「センス・オブ・ワンダー ナイト」の応募受付を開始


東京ゲームショウ2021 オンライン(TGS2021 ONLINE)は、インディーゲームを支援する目的で開催される「選考出展」及び「センス・オブ・ワンダー ナイト(SOWN)」の応募受付を、2021年4月27日より開始しました。

【開催目的】
  • 実験的で、創造的な、ゲームデザインやアイデアを含んだゲームを紹介すること
  • ゲームにおける「センス・オブ・ワンダー」の重要性を紹介し、ゲーム産業の活性化を図ること
  • 実験的なゲームを開発している人たちに、将来へのチャンスの場を提供すること
  • ゲームデザインに新しい領域を作り出していくこと

「選考出展」には無料で申し込むことが出来、選考に合格した作品は、TGS2021 ONLINEで開催予定の「SOWN」にエントリーすることに。「SOWN」では最終的にファイナリスト8作品が選ばれ、オンライン配信によるプレゼンテーションの機会が設けられます。

昨年のSOWN大賞は、インドネシアのゲームスタジオによるADV「A Space for the Unbound」。ファイナリストには、異色対戦ACT「カニノケンカ」も選ばれています

応募作品に求められているものとしては、「新感覚」「新常識」「創発性」「意欲刺激」「驚き」の5つの項目が挙げられています。

応募締め切りは2021年6月18日で、公式サイトの応募フォームより申し込む流れです。詳しい応募条件やスケジュールについては、そちらから確認してみてください。

ネットアイドルを育成するADV「NEEDY GIRL OVERDOSE」が6月5に発売。KOTOKOが歌う主題歌も公開


精神的に不安定なネットアイドルを育成するADV「NEEDY GIRL OVERDOSE」について、パブリッシャーを務めるWhy so serious? は、2021年6月5日にPC版を発売することを発表しました。

発表に合わせて、主題歌「INTERNET OVERDOSE」の映像を公開。シンガーソングライターのKOTOKOさんを起用するなど、2000年代の電波ソングを思い起こさせると話題となりました。

昨年11月の「INDIE Live Expo」で発表、現代のネット社会を揶揄するような強烈な作品

本作は、WebやUIデザイン事業を手掛けている株式会社Xemono(くせもの)が開発し、オタクライターやバーチャルYouTuberとして活動するにゃるら氏がゲームシナリオと企画原案、VTuberグループ「電音部」や「ホロライブゲーマーズ」に楽曲を提供したAiobahn氏が作中の収録楽曲を全て担当。

KOTOKOさんへの主題歌オファーは、両名の熱望によって実現したとのことです。

GU、カービィとコラボしたファッションアイテムを5月14日から販売開始


アパレルブランドのGUは、「星のカービィ」とコラボしたルームウェアやトートバックを、2021年5月14日から販売することを発表しました。

女性・男性向けにそれぞれ商品をラインアップ。カービィの“やわらかさ”や“愛くるしさ”をイメージしたコレクションとのことです。

カービィが一杯に描き込まれたデザインのトートバッグやポーチは、ぱっと見のインパクト強い。スリープ姿のカービィのルームウェアは、落ち着けそうでいいですね

【女性向け(一部)】

【男性向け(一部)】