ニュース

【注目ニュースまとめ】「マイクラ」2021年内”Caves & Cliffs”第二弾、2022年”The Wild Update”を実装|「バトオペ Code Fairy」11月5日から配信|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

「マインクラフト」アップデート情報。2021年内に”Caves & Cliffs”第二弾、2022年に”The Wild Update”を実装


2021年10月17日に配信された「Minecraft Live 2021」にて、大型アップデート”Caves & Cliffs”の第二弾が2021年内に配信されることや、更なるアップデート”Wild Update”を2022年に実装することを明らかにしました。アップデートの概要は以下の通り。

Caves & Cliffs

グローバル時間の11月30日に配信開始

  • ワールドの高さの制限が変更されることで、世界が拡大される
  • より高く深くなり、標高が高くなった山や複雑になった洞窟など、これまで以上に多様な地形が生まれることに

Wild Update

  • バイオーム”Mangrove Swamp (マングローブの湿地帯)” が追加され、土から作成できるMud (泥)も登場。泥からは粘土が作れる 
  • 新たにFrog (カエル) や Tadpole  (オタマジャクシ) 、Firefly(ホタル)などの生き物が追加。カエルはホタルを餌とし、オタマジャクシから成長する際に、生息するバイオームの気温によって種類が分岐するとのこと
  • アイテムを運ぶことが可能なBoats with Chest (チェスト付きボート)が追加 
  • バイオーム”Deep Dark (深い闇)”が追加。 視力が無く音と匂いで索敵を行う敵Warden (ウォーデン) が生息している

”Deep Dark”の要素は、元々”Caves & Cliffs”第二弾で導入予定だったとのこと

その他にも、11月に「マインクラフト」のJava 版と Bedrock 版がXbox Game Pass for PCに登場すること。さらに「マインクラフト ダンジョンズ」にて、期間中にポイントを獲得することで報酬が手に入る”シーズン アドベンチャー”の実装が発表されています。

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy」11月5日からPS5/PS4にて配信。ジオン軍特殊部隊の女性兵士たちの活躍を描くシングルプレイACT


北米大陸某所、日々悪化する戦況を打破すべく、
アルマを中心としたジオン公国軍キシリア直属の秘匿部隊「ノイジー・フェアリー隊」は、白い悪魔を有する地球連邦軍との“一年戦争”を突き進む。
非情な戦争の理不尽さと、仲間との確かな絆を、その身に受け止めながら……

宇宙世紀0079 ―― 彼女たちは、戦華に舞う

機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy 公式サイト

バンダイナムコエンターテインメントは、シングルプレイ専用の新作ACT「機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy」を、2021年11月5日からPS5/PS4にて発売することを発表しました。

本作では、Vol.1~Vol.3の全15話で構成されたオリジナルストーリーを楽しむことができ、現在配信中の「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」とのデータ連動に対応しています。対応したミッションをクリアすることで、様々な報酬を入手できます。

それぞれのVol.の単品販売に加えて、これらのセットと「バトオペ2」で使用できる機体やアイテムが付いてくる「Standard Edition」「Deluxe Edition」も販売。11月4日まで予約を受け付けており、特典としてVol.1のアーリーアクセス権が貰えます。

タイトルから、女性をテーマにした内容になると思ってはいた。機体が手に入るので、「バトオペ2」プレイヤーは特に気になってるかも

<各商品について>

  • Vol.1:2021年11月5日配信
  • Vol.2:2021年11月19日配信
  • Vol.3:2021年12月3日配信
  • Standard Edition/Deluxe Edition:2021年11月5日配信
    • Standard Edition特典
      機体「ザニー[地上仕様] LV1」、100,000DP、Vol.2,Vol.3へのアーリーアクセス権(1日)、「バトルオペ Code Fairy」PSNのアバターセット(全10種)
    • Deluxe Edition特典
      上記に加え、機体「陸戦高機動型ザク(AS) LV1」、アバター用衣装「Tシャツ」全6種、アバター用衣装「ノーマルスーツ:N・フェアリー」「ヘルメット:N・フェアリー」、マーク「ノイジー・フェアリー隊<白>」「ノイジー・フェアリー隊<紫>」、オペレーター「<VRオペレーター>アルマ 、31トークン

Steam、暗号資産やNFTを用いたゲームを公開禁止に。開発者向けドキュメントに追記


NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)

デジタルコンテンツに対し、ブロックチェーン技術を用いて所有権を付与し、唯一性を保証する仕組み

ゲーム販売プラットフォーム「Steam」を運営するValveが、暗号資産やNFTといったブロックチェーン技術をベースにしたゲームについて、開発者向けドキュメントに公開禁止との記述を追記したことが分かりました。

きっかけは、ブロックチェーン技術を使ったACT「Age of Rust」を開発するアメリカのSpacePirate Gamesが、公式Twitterにて同ゲームの販売取り下げに至った経緯について述べたことにあるようです。

以下は、”Steamで公開すべきではないもの”として記述されている文章です。

暗号通貨またはNFTの発行や交換を許可するブロックチェーン技術に基づいて構築されたアプリケーション

Steamworksドキュメント|登録作業 ー ルールとガイドライン

現状NFTは、投機で活用されることが目立ち、実際お金を稼げることを売りにしているゲームも多い。こういった部分への懸念が理由でしょうか

一方で、Epic Gamesストアを運営するEpic Gamesは、ブロックチェーンゲームを歓迎するとコメントしています。両者の方針の違いは、ブロックチェーンゲームの開発者にとって、販売展開を左右するものになりそうです。