ニュース

【注目ニュースまとめ】カービィのアレンジ楽曲がグラミー賞受賞|美術館探索ホラー「Ib」リメイク、4月11日に発売決定|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

カービィのアレンジ楽曲がグラミー賞受賞。「メタナイトの逆襲」BGMをジャズ風に演奏


音楽シーンにおいて最も権威あるアワードの一つであるグラミー賞の第64回にて、「星のカービィ」のアレンジ楽曲が”Best Arrangement, Instrumental Or A Cappella”を受賞しました。

受賞した楽曲「Meta Knight’s Revenge」は、1996年にSFCで発売された「星のカービィ スーパーデラックス」のゲームモード”メタナイトの逆襲”で用いられたBGMをアレンジしたもの。Charlie Rosen氏とJake Silverman氏が編曲、The 8-Bit Big Bandが演奏を手掛けています。

The 8-Bit Big Bandは、他にも「スーパーマリオ64」「どうぶつの森」など多くのアレンジ楽曲を演奏してる。YouTubeで公開されている映像の演出も非常に楽しめるので、ぜひ視聴してみて下さい

ちなみにこの快挙には、カービィの生みの親である桜井 政博氏も反応していて、「そんなことありえるの」と驚いた様子をTwitterに投稿しています。

美術館探索ホラー「Ib」リメイク、4月11日に発売決定。フリーゲームで人気を博した名作


インディーゲームパブリッシャーのPLAYISMは、フリーゲームで人気を博したホラーゲーム「Ib」のリメイクを、2022年4月11日にPC(Steam)でリリースすることを発表しました。

「Ib」は、ゲーム開発者のkouri氏が2012年に配信した俯瞰視点の2Dホラー探索型ADV。両親と共にある美術館を訪れた少女イヴは、いつの間にか周囲に誰もいなくなっていたことに気付き、館内を探索して周ることになります。アイテムを見つけたりギミックを解除したりしながら行動範囲を広げていき、最後にはプレイヤーの選択次第で分岐するマルチエンディングが待っています。

リメイクにあたり、”ゲームが苦手でも遊びやすいように”というコンセプトはそのままに再調整しているとのこと。また、ほぼすべてのグラフィックの一新、美術品の新規追加やデザイン変更、演出の追加・変更などビジュアル面を大幅に強化。さらに、同行キャラクターからヒントが貰える「会話システム」やアイテム・美術品を見やすくする「ズームモード」、完全新規のパズルといった新要素も追加されてます。

ゲーム実況でもよく見たタイトル。リメイク版の実況ガイドラインはこちら

カービィとサントリー「クラフトボス」のコラボCMが公開。「グリーングリーンズ」を4つのジャンルでアレンジ


サントリー食品インターナショナルは、自社の飲料ブランド「クラフトボス」と「星のカービィ」がコラボしたウェブCMを、YouTubeにて公開しました。

クラフトボスについては、現在”選べるって楽しい”をテーマに、ジャズ/ロック/チル/ポップの4つの音楽ジャンルをモチーフとしたパッケージラベルの製品を展開中。今回のコラボCMでは、それぞれのジャンルでアレンジされた「グリーングリーンズ」に合わせて、カービィやワドルディが楽曲の雰囲気にマッチした姿を見せてくれます。

また、パッケージラベルに記載されたQRコードから、音楽サービスSpotifyのプレイリストを視聴できるキャンペーンを実施。カービィにインスパイアされたという15曲と、CMで使用されている「グリーングリーンズ ~CRAFT BOSS SPECIAL ver.~」のフルバージョンが、2022年5月2日 8時59分までの期間限定で配信されるとのこと。

さらに、特設サイトにて、CMの映像を基にしたオリジナルアートワークの画像をダウンロードできます。

カービィと同様、クラフトボスも今年で30周年を迎えることがコラボのきっかけだった模様