ニュース

【注目ニュースまとめ】完全新作「サイレントヒルf」や「サイレントヒル2」リメイクが発表|「ガンパレ」芝村氏の新作ジュブナイルRPG「LOOP8」が2023年3月16日に発売決定|他…

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

完全新作「サイレントヒルf」や「サイレントヒル2」リメイクが発表。新作映画の制作も明らかに


コナミデジタルエンタテインメントは、2022年10月20日に配信した”SILENT HILL Transmission”にて、完全新作「サイレントヒルf」や「サイレントヒル2」リメイクをはじめとした「SILENT HILL」シリーズの新規展開となる施策を発表しました。

主な発表内容
  • 「サイレントヒル2」リメイクがPS5/PC(Steam)向けに発売決定。「Layers of Fear」「The Medium」などのホラーゲームで知られるポーランドのゲームスタジオ・Bloober Teamが開発
  • Annapurna Interactive、NoCode、KONAMIが共同制作を行う「サイレントヒル Townfall」が発表
  • 映画プロジェクト「Return to SILENT HILL」が制作発表され、”三角頭”の登場が明らかに。第一作目を手掛けたChristophe Gans氏が監督を務める
  • 視聴者がリアルタイムで参加するライブ型のエンターテイメントコンテンツ「サイレントヒル Ascension」が複数プラットフォームにて2023年に配信
  • 和風な世界観を舞台にしたシリーズ完全新作「SILENT HILL f」が発表。「ひぐらしのなく頃に」などの竜騎士07氏がストーリーを担当

Bloober Teamは高い技術力でも知られてるスタジオなので、新しいゲーム体験にも期待できそう。PS Blogでは、肩越し視点の導入やUnreal Engine 5の採用といった「サイレントヒル2」の新規要素に触れる記事が公開されている

「ガンパレ」芝村氏の新作ジュブナイルRPG「LOOP8」が2023年3月16日に発売決定


マーベラスは、「ガンパレード・マーチ」や「刀剣乱舞」などを手掛けた芝村裕吏氏による新作ジュブナイルRPG「LOOP8(ループエイト)」を、2023年3月16日に発売することを発表しました。

本作は、”ケガイ”と呼ばれる厄災によって人類の希望が打ち砕かれた1983年の世界を舞台に、主人公ニニが仲間と共に8月の1ヶ月間を繰り返しながら”ケガイ”と呼ばれる厄災に立ち向かう物語です。

今回、主要キャラクターの設定が明らかにされた他、選択した行動がキャラクター同士の関係性や物語に変化を与えるエモーショナルAI「カレルシステム」や、キャラクターたちとの関係を築く「日常パート」とケガイとの対決に挑む「非日常パート」を繰り返すゲームの流れが紹介されています。

非日常パートでは、”黄泉比良坂”と呼ばれるダンジョンを攻略しつつケガイと戦うことになり、戦闘は最大3人パーティーのターン制コマンドバトルで進行します。本作の仕様としてレベルが存在せず、日常パートで培った関係性が戦闘での強さに大きく反映されるとのことです。

完全新作のジュブナイルRPGなので期待してます

「バイオハザード RE:4」の最新情報が公開。ナイフパリィや緊急回避といった新要素も明らかに


カプコンは、2022年10月21日に配信した”バイオハザード・ショーケース”にて、「バイオハザード ヴィレッジ ゴールドエディション」「バイオハザード RE:4」などの最新情報を公開しました。

主な発表内容
  • 「バイオハザード RE:4」プレイ動画に加えてナイフパリィ、緊急回避といった新要素も明らかに。2ndトレーラーも公開
  • レオンのフィギュアやアートブックなどが同梱した豪華パッケージ版「バイオハザード RE:4 コレクターズ エディション」(税込34,969円)の予約受付がスタート
  • 「バイオハザード ヴィレッジ ゴールドエディション」体験版が配信スタート。合計で約60分ほどのプレイが可能
  • シリーズキャラクターやクリーチャーによるオンライン対戦ACT「バイオハザード RE:バース」が2022年10月24日 11時よりアーリーアクセス開始。正式サービスは10月28日予定
  • シリーズ3作品のNintendo Switchクラウド版の発売日が決定。2022年11月11日に「バイオハザード RE:2 クラウド」、2022年11日18日に「バイオハザード RE:3 クラウド」、2022年12月16日に「バイオハザード7 レジデント イービル クラウド」

「RE:4」は、映像美も進化したことでキャラクターや風景の印象も随分変わった