ニュース

【注目ニュースまとめ】「原神」ver3.6”盛典と慧業”の詳細が公開、4月12日に配信|「ガンダムメタバース」2023年10月に試験オープン|他…

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

「原神」ver3.6”盛典と慧業”の詳細が公開、2023年4月12日に配信


HoYoverseが手掛ける基本プレイ無料のオープンワールドRPG「原神」について、大型アップデートver3.6”盛典と慧業”の内容が公開されました。配信は、2023年4月12日に予定されています。

新しいキャラやエリア、聖遺物など注目所が多いアップデートに

星5「白朮」、星4「カーヴェ」が新規実装。ナヒーダ・ニィロウ・甘雨の復刻も

白朮(法器・草元素)はヒーラー&シールダーで、カーヴェ(両手剣・草元素)は一定範囲内にある草原核をすべて起爆する能力を持っています。

新エリア”蒼漠の囿土”が追加

人の住めない荒れ地と不思議な花海のオアシスで構成され、500年前のカーンルイアの災厄で主戦場のひとつとなったエリアとのことです。

新たな武器、聖遺物が追加

新たな敵が追加

開催予定のイベント

  • 教令院にて催される学院祭で、六学派が出すミニゲームが楽しめる「盛典と慧業」。星4キャラ「ファルザン」や原石などの報酬を入手可能
  • 砂漠のウェネトに機械で対抗しようとする学者らとともに戦う「轟々たる風砂」
  • 様々な強化効果を得ながら3ラウンドの戦闘に挑む「調剤エボリューション」
  • ”責務”について深く討論するという試練に挑戦する「憶昔巡歴の旅」
  • 天賦秘境の報酬が1日3回2倍になる「熟知の奔流」が再開催

その他新たな仕様

  • 白朮の伝説任務「懸壺の章」第一幕、ナヒーダの伝説任務「知恵の主の章」第二幕を開放予定
  • レイラのデートイベントを開放予定

「ガンダムメタバース」2023年10月に試験オープン。ガンプラ購入ショップや、作成したガンプラをスキャンし空間内に転送する機能も


バンダイナムコグループは、3月27日に開催した「ガンダムカンファレンス SPRING 2023」にて、「ガンダムメタバースプロジェクト」におけるガンプラファンの交流を促進するコミュニティ空間「ガンプラコロニー」を、2023年10月に試験オープンすると発表しました。

主な機能としては、以下になります。

  • 実際のガンプラを購入できるECショップの設置
  • 作成したガンプラをスキャンし、メタバース空間内に転送可能。専用筐体やスマホの3Dスキャンによる利用を予定
  • ファン目線で情報を提供してくれるAIキャラクター“メロウ”との交流
  • 音声とテキストを相互変換する自動翻訳の搭載

その他、ガンダム関連のニュースを提供する“ガンダムナビアプリ”との連携強化も予定されていて、アプリからメタバースにアクセスすることや、ガンプラファン向けのコミュニティサービス「ビルダーズノート」の開発といった内容が明らかにされています。

ガンダムメタバースプロジェクトの世界観をテーマにしたアニメ「ガンダムビルドメタバース」も発表。2023年10月にYouTubeのガンダムチャンネルで全3話を配信予定

「アイマス シンデレラガールズ」コンプリートブックの制作が決定。11年間に実装されたイラストや、シナリオなどのテキスト要素を収録


2023年3月30日にサービスが終了したソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」について、「アイドルマスター シンデレラガールズ・コンプリートブック(仮)」の制作決定が発表されました。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」は、2011年からモバゲーにてサービス開始されたゲームで、190人以上という圧倒的なアイドル数が「アイマス」シリーズの中でも特徴的な作品です。TVアニメやコミカライズなどのメディアミックスも多数展開されており、今年の4月には小学生アイドルたちを主役としたアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ U149」が放送されます。

本書は、11年間の運営の中でゲーム内に実装されたイラストや、シナリオなどのテキスト要素を収録する”ソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の思い出をまるごとつめこんだアイテム”になるとのこと。現在は制作中の段階で、今後詳細の発表となるようです。

11年という期間とアイドルの多さによって、とんでもない大ボリュームの書籍になりそう