特集

【2020年開催】東京ゲームショウなどゲーム紹介イベントまとめ

特集

東京ゲームショウ・gamescomなど、今年は新型コロナウイルス影響により現地開催を取りやめ、オンライン開催を検討するイベントが増えています。

それに伴い新しく始まるイベントも出てきているので、それらをまとめてみました。
情報は随時更新を行います。

開催済みのものは、配信アーカイブスや気になったタイトルをまとめた関連記事へのリンクを置いているので、興味のある方はご覧になってみてください。

スポンサーリンク

開催済み

Wholesome Direct:5月27日

Steamのキュレーターで「可愛い、フレンドリー」といったゲームを紹介するコミュニティを運営するWholesome Gamesが、50以上の非暴力で可愛いゲームを公開するイベントです。

ほぼプレイ映像で構成されているので、ゲーム内容・雰囲気が良く感じられると思いますよ。

INDIE Live Expo:6月6日

新たなインディーゲーム発信の場として開催されたイベントです。
日本語・英語・中国語で、YouTube Live・Twitter(Periscope)・Twitch ・bilibiliでのライブ配信が予定され、150以上のタイトルが紹介されました。

【日本語】 司会:吉田尚記 ゲスト:わいわい 解説:水谷俊次
【英語】  司会:厚切りジェイソン ゲスト:J-mon
【中国語】 司会:ファミ通・電撃の公式weiboスタッフ 解説:黄世凱

「東方プロジェクト」のZUN氏や「UNDERA TALE」のトビー・フォックス氏など、インディーズシーンにおける著名人が登場し、深い内容だったと思います。

ゲーム音楽などの演奏を、YouTubeで配信しているダイナ四バンドのドラマー・ダイナ四さんによる「UNDERTALE」「東方Project」のスペシャルライブパフォーマンスも凄かったですね。

印象深かったのは、「インディーゲームはクリエイターのためにある」という言葉でした。
クリエイターが創りたいと思ったものを重視する。遊ぶ側にも必要な考え方と感じました。

配信アーカイブ

PS5 THE FUTURE OF GAMING:6月12日

これまでスペックや専用コントローラー「DualSense」の公開がされてきましたが、ついに発売タイトルの大々的な紹介が行われます。

YouTube・Twitchで、約1時間強にわたりデジタルショーケース形式で配信されるようです。大小さまざまなゲームメーカーが開発に取り組んでるとのことで、期待がかかります。

PC Gaming Show:6月14日

ゲームメディア「PC Gamer」が主催する、PCゲームを主としたイベントになります。
従来はライブ配信を行っていましたが、今年は事前に収録された映像がTwitchなどのプラットフォーム上で配信されるようです。

28のゲームスタジオが参加すること、50以上のタイトルが紹介されることが発表されました。

参加企業
  • 2K Games (Mafia: Definitive Edition)
  • Amazon Games (New World)
  • Atlus
  • Battlestate Games (Escape From Tarkov)
  • Bossa Studios (Surgeon Simulator 2)
  • Brace Yourself Games
  • Coffee Stain Studios
  • DONTNOD
  • Funcom
  • FJRD
  • Frontier Developments
  • Glumberland (Ooblets)
  • Humble Games
  • New Blood Interactive
  • Merge Games
  • Modus Games
  • Mythical
  • Perfect World (Torchlight 3, Remnant: From the Ashes)
  • The Wandering Band
  • Rebellion
  • Red Sails Team
  • Rocketwerkz
  • ROCKFISH Games (Everspace 2)
  • セガ
  • Tripwire Interactive
  • WolfEye Studios (Weird West)
  • XSEED Games
  • Yaza Games
配信アーカイブ

Future Games Show:6月14日

ゲームメディア「GamesRadar+」が主催する、コンソール、モバイルおよびストリーミングプラットフォームに焦点を当てた、既存のAAAおよびインディーゲームに関する独占的な発表を行うイベントです。

40以上のタイトルを紹介し、少なくとも7本のゲームが初公開になると発表されています。

参加企業
  • スクエア・エニックス
  • Team 17
  • tinyBuild
  • Deep Silver
  • Curve Digital
  • Merge Games
  • Red Thread Games
  • Walkabout Games など
配信アーカイブ

IGN Expo:6月11日~13日、16日

海外メディアIGNが数日間にわたって行うデジタルショウケースです。
独占発表となる新作のトレーラー公開や、発売済みのタイトルのゲームプレイ映像が配信されます。

独占公開とされている情報が多く、このイベントで初めて知ることになるゲームも多そうです。

The Escapist Indie Showcase:6月12日~15日

ゲームなどの配信プラットフォーム「GOG」とアメリカのオンラインメディア「The Escapist」が連携し、インディーゲーム情報を発信するオンラインイベントです。

初日にYouTubeでショーケースが配信され、70以上のタイトルが紹介される予定です。
以降は、YouTubeとTwitchでゲームのプレイ映像や開発者インタビューが公開されます。

公式サイトでは、紹介されたタイトルが掲載されています。

配信アーカイブ

Guerrilla Collective:6月14日~16日

「Media Indie Exchange」と「Kinda Funny Games」が共同で開催するイベントです。
多くの海外パブリッシャー・スタジオが関わっていて、新作の発表や予告の発信を主に行う予定となっています。

公式サイトでは、各日に紹介されたタイトルを確認することができます。

Upload VR Showcase: Summer Edition:6月17日

AR/VR専門メディアの「UploadVR」が開催する、VRゲームに焦点を当てたデジタルショーケースです。20以上のVRタイトルが紹介される予定で、大小さまざまなメーカ―の発表が行われるそうです。

Steam Game Festival:Summer Edition:6月17日 2時~23日 2時

1年以内にSteamで発売予定のゲームを対象とし、体験デモを無料で試遊できるイベントです。昨年の12月から行われていて、今回で3回目になります。

第1回は14本、第2回は50本のタイトルが試遊でき、第3回は200本近くのタイトルが試遊できました。

NEW GAME+ EXPO(NGPX):6月24日0時

海外・日本のゲームメーカーやパブリッシャー16社が参加し、YouTube・Twitchで新作の発表や紹介を行うイベントです。42本のタイトルの情報が公開されました。

公式サイト(英語)で、発表があったタイトルの確認が行えます。

参加企業
  • acttil
  • PLAYISM
  • Aksys Games
  • アークシステムワークス
  • GungHo Online Entertainment America, Inc.
  • アイディアファクトリー
  • インティ・クリエイツ
  • コーエーテクモゲームス
  • ナツメ
  • NIS America
  • セガ
  • アトラス
  • SNK
  • スパイク・チュンソフト
  • グラスホッパー・マニファクチュア
  • WayForward
配信アーカイブ

Bitsummit:6月27日~28日

毎年京都で開催されるインディーゲームイベントですが、今年は「BitSummit Gaiden」としてオンライン開催が行われました。

2020年6月26日 夕方から2週間、ゲームのサブスクリプションサービス「Utomik」へサインインでき、そこから1週間無料で試遊できます。

配信スケジュール

【27日】

  • 12:00:オープニング(サカモト教授、LayerQ、J-mon)
  • 12:30:インティクリエイツ特集(會津卓也、五十嵐孝司、稲船敬二)
  • 13:05:ファミ通&ゲームの電撃スペシャル!
  • 14:25:Discord ぶらり旅(SWERY、村上 雅彦)
  • 15:00:Game*Sparkの「(公式だけど)勝手にビットサミット feat. おかころ」(猫又おかゆ、戌神ころね)
  • 17:10:IGN Japan 特番
  • 18:15:吉Pと語ろう〜Fall Guys編〜(吉田修平、ジェフ・タントン、ジョー・ワルシュ)
  • 18:50:クロージング(LayerQ、J-mon)

【28日】

  • 12:00:オープニング(LayerQ、J-mon)
  • 12:20:吉田修平がおすすめするインディータイトル6選!(吉田修平)
  • 13:05:ファミ通&ゲームの電撃スペシャル!
  • 14:25:Discord ぶらり旅(SWERY、村上 雅彦)
  • 15:00:Game*Sparkの「(公式だけど)勝手にビットサミット feat. おかころ」(猫又おかゆ、戌神ころね)
  • 17:10:IGN Japan 特番
  • 18:15:クロージング(LayerQ、J-mon)カップヌードル賞の発表(日清食品HD提供)

Xbox Games Showcase:7月24日 1時

Halo Infiniteのプレイ映像を始め、今後Xboxで登場するゲームが紹介されるデジタルショーケース。
7月24日0時からプレ配信が行われます。

年末に発売予定のXbox Series Xに関する続報にも期待されましたが、本体についての続報はなかったですね。

配信で発表されたタイトルは、サブスクリプションサービスのXbox Game Passで遊ぶことができるようになるようです。

海外と国内、またコンソール版とPC版で提供タイトルが異なるので、実際にどのゲームが遊べるかは分かりませんが、サービス加入者には朗報に思います。

ChinaJoy:7月31日~8月3日(上海現地時間)

現地開催を中止するイベントが相次ぐ中、実地開催が行われるイベントです。
同時に「ChinaJoy Plus」としてオンラインイベントの開催も行われると発表されています。

他にはゲームコンテストやeスポーツ会議など、ゲーム情報の発信だけにとどまらない施策が行われるようですね。

State of Play:8月7日午前5時

今後発売されるPS4・PSVRタイトルを中心に、約40分の配信が行われる予定。

初公開のゲームプレイ映像に加えて、「クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース」、「PS5 THE FUTURE OF GAMING」にて紹介されたいくつかのタイトルのアップデート情報が配信されるとのことです。

気になっている人が多いであろうPS5本体に関する情報は、事前に発信されないことが告知されています。

Summer Game Fest:5~8月

5~8月にわたって、YouTubeやTwitchなどのデジタルプラットフォーム上で参加企業の最新ゲーム情報の発表やイベントを配信するゲームイベントです。
配信スケジュールや参加企業は公式サイトで紹介されているので、気になる方は確認してみましょう。

gamescomの前夜祭「オープニングナイトライブ」で、イベントは締めくくられます。

gamescom:8月27日~30日(ドイツ現地時間)

公式サイト内のコンテンツ「gamescom now」に加え、YouTube・Twitch上でオンライン開催されます。内容の詳細は公式サイト(英語)、または関連記事で紹介。

オープニングナイトライブの公開タイトル(一部)
  • Ratchet & Clank PS5 Demo
  • Fall Guys: Season 2
  • Call of Duty: Black Ops – Cold War
  • Destiny 2: Beyond Light
  • WOW: Shadowlands
  • DOOM Eternal Ancient Gods
  • Little Nightmares II
  • Medal of Honor: Above & Beyond

PAX Online:9月12日~20日(太平洋時間)

「PAX West」「PAX Australia」の開催が中止され、代替として開催されるオンラインイベント。
開催期間中はオンラインストリーミングが24時間連続で行われるようです。

もともと開催予定だった講演やデベロッパーによる発表、e-Sports大会に加えて、サプライズ発表が企画中とのこと。

現地の試遊スペースの代わりとして、デモ版のダウンロード環境を用意する計画も進めていると告知がされています。

東京ゲームショウ:9月23日~27日

オンライン開催が検討されていましたが、9月23日~27日に開催が決定しました。
23日はビジネスデーとなっています。

無料配信となるため、これまで現地に中々行くことができなかった人も今年はイベントを楽しめますね。

出展企業の配信の他、eスポーツ大会やインディーゲームのプレゼンテーション大会「センス・オブ・ワンダー ナイト」などが催される予定になっています。

更新情報
  • Amazonと提携した特設会場が開設

    開設期間は2020年9月24日〜27日
    eスポーツ大会の配信や関連グッズなどの販売、特設会場独自の協賛会社ページが公開されるとのことです。

  • eスポーツ大会「e-Sports X」の開催決定

    開催期間は2020年9月24日〜27日
    eスポーツが初めての方でも楽しめるようにするため、見所を紹介したWEB動画を事前に公開するなどの取り組みを予定。

  • 配信タイムテーブルが公開

    その他、

    • メインビジュアルの公開
    • Amazon特設サイトのプレオープンが9月2日に
    • eスポーツ大会「e-Sports X」の競技が発表
      • ストリートファイターV
      • パズドラ
      • マジック:ザ・ギャザリング
    • 「センス・オブ・ワンダー ナイト2020」の抽選キャンペーン開始
  • インディー選考会「センス・オブ・ワンダー」のファイナリスト8作品が決定

    最終プレゼンテーションは、2020年9月25日 17時~19時

    • Infini / Barnaque(カナダ)
    • カニノケンカ –Fight Crab- / カラッパゲームス(日本)
    • Trash Sailors / fluckyMachine(ポーランド)
    • First Class Trouble / Invisible Walls(デンマーク)
    • Arrog / Leap Game Studios and Hermanos Magia(ペルー)
    • ElecHead / 生高橋(日本)
    • Nimbatus – The Space Drone Constructor / Stray Fawn Studio(スイス)
    • A Space for the Unbound / Toge Productions(インドネシア)
  • 関連記事にて、「センス・オブ・ワンダー」「日本ゲーム大賞2020」の結果を記載

Steam Game Festival:Autumn Edition:10月8日2時~10月14日2時(日本時間)

6月に引き続き、発売が予定されているゲームの体験デモを、無料で試遊できるイベントです。
夏に開催された時は、200本近くのタイトルが試遊できました。

開催ごとに増えているので、今回もより多くのゲームがラインナップされることが期待されます。

INDIE Live Expo II:11月7日 18時50分

6月6日に開催された「INDIE Live Expo 2020」内で、開催されることが発表されました。

出演者
  • 日本語版
    • 司会 吉田尚記
    • 解説 水谷俊次(PLAYISM)
    • わいわい
  • 英語版
    • 司会 厚切りジェイソン
    • J-mon
  • 中国語(簡体字)版
    • 司会 犬次郎
    • 黄政凱(フライハイワークス)
  • ゲスト
    • ドラマー・ダイナ四
    • ゲームライター・徳岡正肇

配信予定になっているコンテンツはこちら。

  • INDIE Live Premiere
    • 番組によって選出された新作・注目タイトルの最新情報
  • INDIE Waves
    • 世界中からエントリーされた150以上のインディーゲームを紹介
  • INDIE Live Expo Awards
    • 一般投票・審査員投票によって選ばれたインディーゲームの表彰
      • ローカル文化賞
      • さわりごこち賞
      • テーマ・オブ・ザ・イヤー賞
      • キャラクター賞
      • インターネットを通じたゲーム体験賞
      • ルールズ・オブ・プレイ賞
      • INDIE Live Expo Awards大賞
  • 世界のインディースタジオ
    • 徳岡正肇氏による海外のインディーゲーム市場の解説
      今回のテーマは、スウェーデン
  • Live Performance
    • ダイナ四氏によるゲーム音楽のライブパフォーマンス
      前回は、「東方プロジェクト」「UNDERTALE」の楽曲を演奏

また、新世紀エヴァンゲリオンをテーマとして、Unityで開発されたゲームを募集した「エヴァゲーム大喜利」の開催も決まっています。

配信アーカイブ

G-Star 2020:11月19日~22日

韓国・プサンで行われる韓国最大のゲームイベントです。2020年の開催をオンライン・オフラインの並行開催にすることを発表しました。