レビュー

【ゲームレビュー】聖剣伝説3 TRIALS of MANA:美麗グラフィックスが超魅力的なザ・王道ファンタジー

レビュー

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです!

当記事では、2020年4月24日にSwitch・PS4・PCで発売された「聖剣伝説3 TRIALS of MANA」をレビューしていきます!

本作は、1995年にスーパーファミコンで発売された「聖剣伝説3」のフルリメイク作品です。3Dグラフィックスの採用、フルボイス化、楽曲アレンジなど大幅な刷新が行われています。

わたしは原作未プレイなので、完全新作としてレビューをしていきますよー。
ちなみに、リース・ホークアイ・アンジェラで始めました。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

主な特徴
  • 全ての源である「マナ」を中心に展開される聖剣伝説シリーズの三作目
  • 選択したキャラクターの組み合わせでシナリオが変化する
  • 世界観にマッチした美麗グラフィックス

おすすめ点

3Dグラフィックスによって魅力が増したキャラクター

今作において、原作から最も大きな変化が見られた要素になりますね。
Unreal Engine 4によって開発されていて、質感が素晴らしいです。

キャラクターに至っては肉感すら感じさせ、アニメ的表現のモデルでは最高といえるのではないでしょうか。女性キャラクターは特にそれが強調されます。

星空や海は柔らかく幻想的な表現で、ファンタジーの世界観に良くマッチしています。

シームレスな戦闘

スムーズに始まる戦闘は好感触でした!

フィールドにいる敵に近づくと戦闘が始まるのですが、とても自然に移行してくれます。逃げるときも、戦闘エリアの境界線に一定時間向かえばそのまま探索に戻れるため、移動のストレスはほとんど感じませんでした。

戦闘自体も、キャラの動きと違和感なく操作することができ、動かしてて気持ちのいいゲームです。

補完されていくストーリー

シナリオの展開は「トライアングルストーリー」をうたっており、選択した主人公で異なったストーリーとなります。

大筋は同じ時間軸で話が進むため、パーティーにいない仲間も何かしら物語に関わっています。少し顔見せがあったりすると、ほんと気になるんですよね。

プロローグ体験は、その「いないときに何をしていたか」を知ることができます。そこで、進めてきたストーリーと結びついたときは「そういうことか」と理解が深まりました。

また2週目以降で主人公を変えることにより、1週目は掘り下げられなかった展開を楽しむことができるので、シナリオをもっとよく知りたいという方のモチベーションにもつながります。

うまく物語に引き付ける仕組みです。

気になった点

唐突感のある進行

イベントが進んで次の目的へとなったときに、展開の移り変わりが早すぎるように感じました。

例えば、封鎖されていた都市から逃げ出しそのまま船へというシーンです。
出航が制限されていたはずですが、状況の変化が一切描写されずに何事もなく出航したので少し違和感を覚えました。

終盤にかけても敵勢力や仲間たちとの描写が少ないために、どうにも流されているような印象で感情移入しづらかったです。

いろいろ想像はできるのですが、遊んでいる最中に「何でこうなるの?」と腑に落ちない点が所々出てきました。もう少し、経緯を表現する描写があれば良かったように思います。

アイテムテキストが不足気味

一部のアイテムには書かれていますが、効果だけでなくどんなアイテムかを説明するテキストがあれば、より世界観に入り込むことができたのではないでしょうか。

RPGではこういった部分も世界観を構成するので、細かい点ですが気になりました。

キャラクターに魅力を感じたならぜひプレイを

ストーリーに関していえば、ファンタジーの教科書ともいえる設定なので正道のファンタジー好きにぴったりです。システム面もオーソドックスなので、安心して遊べるでしょう。

一方、独自のものと呼べるものは少ないため、新しい刺激を求める人には少し退屈かもしれません。
また、ストーリー全容の理解には周回を前提としているため、それを煩わしいと思う場合はあまり向いてないでしょうか。

しかし、今作一番の魅力は、3Dグラフィックスで描かれたキャラクター達と断言します。キャラを動かす、見るといったことが本当に楽しいです。

キャラクターに魅力を感じた人は、ぜひとも遊んでみてください!