ニュース

【注目ニュースまとめ】テンセント子会社がマーベラスと資本業務提携|可愛いがテーマ「Wholesome Direct」開催|他…

ニュース

ご覧いただきありがとうございます!
そらげーです。

当記事では、わたしが気になったゲーム関連のニュースを私見交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

中国テンセントの子会社Image Frame Investmentがマーベラスと資本業務提携


「牧場物語」「閃乱カグラ」などのシリーズを手掛けるマーベラスが、中国のテンセントホールディングスの子会社Image Frame Investmentと約49億円の資本提携を発表しました。

テンセントといえば、「フォートナイト」のEpic Games・「League of Legends」のライアットゲームズなど名だたるゲームメーカーの親会社です。
資金力についてはゲーム業界一といえます。

日本のメーカーでは、プラチナゲームズが資本提携を行っていますね。

今回の資本提携で得た資金は、主に既存IPのグローバル展開、新規IPの創出、新規事業の展開に活用していく方針だそうです。

わたしとしては、年内に発売を控えている「ルーンファクトリー5」への影響が気になる所です。今後の動向は注視したいですね。
頼むから何事もなく発売してくれー。

可愛いがテーマのインディーズゲームイベント「Wholesome Direct」開催


インディーゲームコミュニティのWholesome Gamesが、非暴力で可愛いゲームを紹介するオンラインイベント「Wholesome Direct」を2020年5月27日午前2時(日本時間)に開催しました。

コミュニティ主のマシュー氏は、steamのキュレーターで「可愛い、フレンドリー」といったゲームを多数紹介していて、ゲームで明るく一日を過ごしてほしいという理念で活動をしているとのこと。

配信では、50以上のインディーズゲームが公開され、プレイ映像を中心に内容がよく伝わる構成だったと思います。私が気になったタイトルは「Little Witch in the Woods」ですね。柔らかい配色のドット絵が、いい雰囲気を出してていて、細かい動きも可愛かったです。

癒し系タイトルが好きな方には必見のイベントになっているので、今後の開催にも期待されます。

AIによって「パックマン」が再現される。NVIDIAが研究成果を発表


半導体製造などを手掛けるNVIDIAが、ニューラルネットワークを活用した人工知能によって「パックマン」の再現に成功したと発表しました。学習データはバンダイの研究開発会社「バンダイナムコリサーチ」が提供とのことです。


ゲーム開発だけでなく、将来的には産業ロボットや自動運転への活用も考えられるそうで、面白い研究結果ですね。ゲームによる体験が、このような形で産業改革に貢献するかもしれないと考えると、凄まじい時代になったなあと感じます。